ぬかフロアーが活躍する季節になってきました。

冬場は決して活躍していなかったぬか床の到来がやってきました。
夏は1年の取り分け金字塔ぬか漬けがおいしい機会です。

更にキュウリやナスなどのぬか漬けはおいしく、毎食食べてしまいます。
豊富食べ過ぎると、そのうちに飽きてしまいますが、今のところは毎食おいしく頂いています。

カブがあったので、カブも漬けてみました。
これも上手く、御飯が進むと思います。

我々は絶えずぬか床を冷蔵庫で保全をしていますが、寒い時期は単に発酵が進まず、またちゃぶ台に上ることもほとんどありません。
冬場は数日間、寝かせたままのシーンが手広く、付ける野菜もニンジンがほとんどです。

根菜類の取り分けニンジンは浸かるのが遅いので、ずぼらな私でも上手くいくことが多いです。
時折半月くらい漬けておくので、取り出した時は古漬けのようになっています。

ぬか漬けは漬ける間や温度によっても強敵テーストが変わってきます。
これもぬか漬けの快楽かもしれません。

近々通年になりますが、これからも引き続き、ぬか床を育てて行こうと思っています。ストレスニキビには、保湿がオススメです

ぬか階が活躍する旬になってきました。

冬はいまいち活躍していなかったぬかフロアーの出番がやってきました。
夏は1年の取り分けトップぬか漬けが喜ばしい時間です。

中でもキュウリやナスなどのぬか漬けは上手く、毎食食べてしまいます。
沢山食べ過ぎると、そのうちに飽きてしまいますが、今のところは毎食上手く頂いています。

カブがあったので、カブも漬けてみました。
これも美味く、御飯が進むと思います。

わたしは絶えずぬかフロアーを冷蔵庫で保持をしていますが、寒い時期は断然発酵が進まず、また飯台に上ることもほとんどありません。
冬は数日間、寝かせたままの環境が手広く、付ける野菜もニンジンがほとんどです。

根菜類の取り分けニンジンは浸かるのが遅いので、ずぼらな私でも上手くいくことが多いです。
時折半月くらい漬けておくので、取り出した時は古漬けのようになっています。

ぬか漬けは漬ける間隔や温度によってもかなり味が変わってきます。
これもぬか漬けの見どころかもしれません。

まもなく年間になりますが、これからも引き続き、ぬかフロアーを育てて行こうと思っています。乳首の黒ずみが解消されつつあります

「捨てる」ポイントの大切さ

何かを始めたいと思うが、歳月や手狭結果、どうしても始められず、つい年月が立っていることってありませんか?
何かを始める前には、必ずやその分何かを「捨て」たり、「減らさ」なければなりません。
今日はあんな事のセッティングメソッドについて考えてみます。

①いまやってる仕方、必ずやニーズ?
何か真新しいことをやる際は、これまで使用している歳月から何かを引っ張ってこないといけません。そのために今やっている仕方のプライオリティーをつけましょう。それが好みなのか必要なのかリーディングなのかは個人によります。そのなかでプライオリティーが一番低いものは、はたしてやる必要があるのか?を考えます。それまでの務めでやっていた~ということなら辞めてしまって平安でしょう。何かゴールがあってこそ、やる意味があります。

②新しく始めるのは「なぜ?」
新しく事を始めて、飽き性で終わるのはほんとに悔しいことです。そのため始める前には「なぜこちらニーズ?」を考えるべきです。しっかりとした目当て意識を持ってから始めるため、長続きにもつながります。ミュゼの口コミを信じちゃいました

ジャガイモは成長中です。

2月頃にジャガイモを作るため、種イモを買いました。ジャガイモは年に2回取れる、2月に買う種イモは、6月収穫分になります。

今は葉が青々として、立派に成長中ですが、植え付けをして、根がはるまえに長雨が続くとイモが腐ることがあります。

この春はそれほど長雨がなくて、イモが腐らなくて済みました。つい先日、イモの苗に花が咲きました。農業をやってられない方は理解しにくいかもしれませんが、ほんとんどの野菜の苗からは、花が咲くようにできています。

通常の野菜ならば、花が叫ば花の中心から実がなっていくものが多いですが、ジャガイモに花が咲いても実になるものが、地中にあります。本来、ジャガイモにとって花はそれほど必要ではありません。OKサイン

なので、ジャガイモに花が咲いたら地中のイモに栄養が行き渡らないと思って、あえて花を摘み取る農家さんはいます。

ジャガイモの花はあっても、摘み取ってもどちらも良いのですが、ジャガイモの栽培に関しては、2者あるようです。